不動産の買取

不動産を買い取ってもらう場合の気を付けておくことなどについてですが、自分の所有する不動産を売るにはその仲介を不動産会社に依頼して、不動産の購入者を見つけてもらうということも多いとおもいますが、仲介ではなく不動産売買業者に売ってしまう手もあります。このケースでは不動産の査定額は、査定をする会社によって買取価格も違ってきますので、売却をしたい不動産の買取価格がいくらになるのかをきちんと確認しておく必要があると思います。

 

ここで忘れてはいけないのは、業者により違うということで提出された見積もりが思ったよりも安い時は、ほかにも数社、その不動産の買取価格を見積もりしてもらったり、最初から、複数の会社に対して査定を依頼しておいて比較をするということをおすすめしたいと思います。不動産会社もケースバイケースで仲介物件ということで広告をして買い手がなかなか居ないようでしたら、不動産会社で買取をすることを考えるようなパターンもあるようですね。

 

この場合、注意すべきなのは、仲介をして手数料収入をえることより転売をした方が利幅が大きいために、不動産の買い手がすぐに付いたのにもかかわらず、買い手はなかなか現れなかったことにして、不動産会社が買い取ったという形にしてその物件を安く買いたたいて転売して大きな利幅を出そうとする悪質な業者も現実にありますので、やはり複数社を比較しなければいけません。